ケアマイスター制度の概要

筆記試験

ケアマイスター筆記試験の問題の傾向は、一般的な介護知識問題はもちろん、社会人としての知識やマナーに関する問題も含んでおり、社会性も備えたスタッフの育成を目指した企業理念を反映した問題も出題されます。

meistertest1

実技試験

ケアマイスター実技試験は、各グレードにより実技内容のチェック項目を定め、経営統括スタッフや指導者レベルのスタッフが厳しく採点していきます。 実技終了後、すぐに評価を受けるため、国家資格取得のために、自分自身の技術の浅い部分が即座にわかります。

meistertest2

認定された段階に応じて認定証を贈与

meistercard

制度の目的

  • 新人スタッフやご利用者・ご家族がスタッフの経験年数や技量を認知でき、質疑すべき対象者がわかりやすく、不安解消、安心できる職場へつなげる。
  • 試験を筆記・実技で構成することで、知識と技術ともに向上を図れる。
  • 筆記試験はクラス別に国家資格・ケアマネジャー試験の内容に準じており、自動的に試験に向けた学習ができると共に、合格率向上にも寄与する。
  • 試験には会社理念やスタッフ規範を含み、全社員への浸透をはかることができる。
  • 5段階のクラスを設定することで、毎年目標を持って取り組むことができる。