介護士のための新しいキャリアアップ制度|介護技術認定制度ケアマイスター

What's NEW


「ケアマイスター」とは

ケアマイスター」とは、介護士の知識・技術の高水準・均一化をはかり、介護のプロ集団を創りあげるために創設したスキル認定制度で、スタッフの介護技術レベルがどの程度にあるか、5段階で認定するものです。 試験内容は介護福祉士、国家試験・介護支援専門員受験に準じており自動的に資格取得試験にむけての勉強ができるようになっています。

マイスタークラス説明図

ケアマイスターの試験は、年に1回(グレードにより2回)、筆記試験と実技試験で構成されており、各グレードによって、クラスの定義、受験レベル、受験資格などを定めています。

詳細はコチラ > 制度の概要